2015年4月23日木曜日

 
 

浅草橋天才算数学習塾にて!

古着ファッションについて語り合うイベントにゲストで
参加しました。

会場に到着早々、流行から開放された服を見ると新たな文脈を作りたくなります。早速コーデ開始!2セット作ったところでお客さんも集まりだし雑談ともつかないトークになだれ込みました。
私が思うに昔、服は親から子に受継れてきました。
繕われる事で新たな表情を見せる着る物語でした。
温もりと刺激のバランスは生きる事と同じバランスを
もっていました。ところが現代ではハイスピードで提供されるファッションと比例して古着も大量発生します。人々が自分のオリジナルを見つけ出す時間を奪い混乱させる事で消費を促進させている気がします。ファッションはデザイナーやアパレルメーカーだけが作るものではありません。むしろ生活から生まれる唯一の物語に魅力を感じます。