2015年4月28日火曜日

元気は恐怖


せっかく元気がない生き方を表現している若者にとって元気を出せ!
と大人から言われても従う筋合いは無いでしょう。大人の価値観で判断される元気とは何か?答えの虚しさを感じているからこそ無関心を演じている訳です。
アンチテーゼは昔から繰り返されている表現です。ティーンエイジャーという概念が生まれた50年代当時、若者の元気は恐怖でした。それを思えば数十年かけて若者の元気を削ぐ為に政府は努めてきた訳です。若者自ら元気をダサいと思うのであれば、政府の思惑が今、実ったという事になります。