2015年6月22日月曜日

今更、現実にファンタジーを加える必要はありません。日常 に開いた無数のドアから画面越のファンタジーにトリップすれば良いのですから、クオリティーを軽視した社会の姿は既にポップアートが示しています。