2015年9月6日日曜日

ファストデザイン

デザインにプロモーションの為の話題性が求められると無名性すら逆利用されます。ニュースのリサーチ、ファッション性のチェック、記号のカット&ペーストで話題性がどれだけ作れるかテストを兼ねたデザインには哲学は邪魔なのでしょう。それは、クライアントマネージメントがデザインだと教えざるを得ない学校の焦りを映し出しているのかもしれません。
しかし、プロモーション主体のデザインだけでは、企業コンプライアンスも保てない時代でもあるのです。