2015年9月12日土曜日

見ざる、言わざる、聞かざる、


表現の自由は平等を担保するうえで重要な権利です。

権威に対する告発機能もあります。

今回の出来事は闇に穴を開ける役割も果たしましたが、反面ネットの

怖さ、暴走するリスクも浮き彫りにしました。

その結果表現の自主規制に留まらず個人的な発言を禁止する組織も出てくる事が考えられます。
この問題が、結果的に黙り込む人を増やしてしまったとすれば、
 
権威側のコントロールが容易な環境が整った事になるのかもしれません。