2015年9月6日日曜日

アノニマスと宣伝


良いデザインはデザイナーの存在を感じさせないものだという考え方があります。自然と生活から生まれた技術の継承における造形の純粋性、有名である必要は無いのです。

現代でも無名の名品はありますがブランドがそれを担保しています。

ビジネスを拡大させる為にはアノニマスだけでは不十分なのです。

宣伝効果とデザインを効率的に考えた時、モチーフを0から生み出す行為はスキップされデータをネットからピックアップしてコラージュする方法に行き着きます。

そこに、権威やファッション性を付加して説得力を高めます。

その為にデザイナーは担ぎ出されインフルエンサーとの2ショットビジュアルや権威者のコメントなどが付加されます。その方法が正しいとするなら、デザインはAI(人口知能)でも代用出来る事に行き着きます。人間は人間味の無いデザインを広める為の役者にすぎません。

私は人間のコンプレックスに親和性があると感じていますから、完璧なデザインや固定したシステムは破壊したくなるのです。