2015年9月9日水曜日

トカゲTAIL


ファッションデザイナーはブランドビジネスの矢面に立ち賞賛も受けますが
バッシングにも合います。特に多民族の集まるヨーロッパではその落差は激しく、プレッシャーから精神に支障をきたすデザイナーも少なくありません。よって契約金は高額になります。日本はその逆です。賞賛もバッシングも殆ど無い代わりに給料は営業職より低額です。売れなければトカゲの尻尾の様に切られます。何も生み出さない営業や雇われ社長は延命します。この空気は商品や空間を通じて人々に伝わります。ファッションデザイナーを目指す学生が減るのも必然でしょう。