2015年11月28日土曜日

日本のジレンマ


「日本人の良い部分を日本人が分かっていない」と海外から忠告される事かあります。

最近では日本文化をミニマルな視線から再デザインする事がブランディングの特徴です。

しかし、日本の良さを感じているからこそ、それを出さない美学もあります。

例えば、若者の行動に清々しさがあるのは自分の魅力に気付かないからこそです。

無為が大切なのです。

大人になるとは自分の魅力に気づき利用方法を意識しだします。それが繰り返されると嫌味になります。

成熟した西欧文化をもってナイーブな日本を憂いているとも受け取れるのです。

今では教育され大人になった日本人は文化も幼さも魅力として利用する様になりました。

しかし、その流れ、特に一部の若者の美学とそぐわない事があるとも考えられます。彼らは強い土着性をもちあわせ、純粋性から心を奪われた事に後ろめたさを感じているのではないかと思います。そのジレンマから欧米文化を日本文化と混ぜ合わせます。敢えて下品に仕上げた自分を作品として反抗的な行動にでるのだと思います。

皆、気づいているのです。日本文化の中に幼さを守る知恵がありそれこそ美学だと。それが身体化している日本人は無意識的に外部の期待を回避しているのだと、、

しかし、大人になれ!というプレッシャーは強くなる一方です。